ETFは、どこで買えるの?おすすめの証券会社は?

ETFは、どこで買えるの?のイラスト
ETFはどこで買えるのかをご説明します。

これまで当サイトでは、「ETFの特徴やメリット」、「ETFの種類」、「ETFの銘柄の選び方」などをご紹介してきました。

ETFへの投資を始めてみようかなと思った方もいるかと思います。

でも「ETFってどこで買えるの?」「おすすめの証券会社は?」という疑問や不安をお持ちの方もいるでしょう。

今回は、ETFの購入先について紹介します。

スポンサーリンク

ETFは、どこで購入できるの?

つみたてNISAの影響もあり、投資信託は銀行でも扱っている所が増えてきていますが、ETFは証券会社でのみ購入できます

店舗型の証券会社の窓口やサイトでも注文できますし、ネット専門の証券会社でも注文する事ができます。

ただし、証券会社でETFの取引をする場合は、証券会社で証券口座を作らなければなりません。

なるほど、ETFは、証券会社でのみ、取引できるんだね。

ETF投資を始めるのに、おすすめの証券会社は?

では、どこの証券会社で証券口座を作れば良いの?となると思いますが、それはケースバイケースです。

まったく投資の知識がなく、全てお任せしたいという方は、店舗型の証券会社のほうが安心できるでしょうし、書籍やサイトで勉強して、自分で取引したいという方は、ネット型の証券会社のほうが良いでしょう。

ちなみに私個人の考えでは、ある程度は自分で勉強しながら、ネット型の証券会社で少額ずつ始めるのが良いと思います。

手数料が安いのは、ネット型の証券会社。

理由は、やはりネット型の証券会社のほうが、ETF投資をする際の売買手数料が総体的に安いからです。

店舗型の証券会社のは、店舗を維持するための地代家賃や水道光熱費、人件費などがかかる分、どうしてもネット型の証券会社と比べると手数料が高くなります。

売買手数料は、取引の度にかかりますから、これから投資を続けていくのであれば、できるだけ手数料の安い証券会社を選ぶ事が鉄則です

手数料が安いのは、ネット型の証券会社なのね。

どのネット型証券会社を選べば良いの?

となると、どこのネット型の証券会社でETF投資を始めるかですよね。

結論から言えば、「SBI証券」か「楽天証券」が良いと思います。

それぞれの証券会社の特徴とメリットやデメリットなどを簡潔に紹介してみましょう。

SBI証券と楽天証券のどちらを選べば良いのだ?

SBI証券の特徴とメリット

女性起用バナー

SBI証券は、ネット型の証券会社では、口座開設数がダントツの一位(約450万口座)となっています。私個人のメイン口座でもあります。

ETFへ投資をする際のメリットとしては、以下のようなものがあります。

  1. アクティブプランであれば、一日10万円までの売買手数料が無料。
  2. NISA口座であれば、売買手数料が無料。
  3. 海外上場のETFの自動積立も可能。

SBI証券券の公式サイトへ

順に説明してみましょう。

アクティブプランであれば、一日10万円までの売買手数料が無料。

SBI証券での売買手数料は、一取引(約定)ごとに手数料のかかるスタンダードプランと一日の取引の総額で手数料が決まるアクティブプランがあります。

アクティブプランであれば、10万円までは手数料が無料ですから、初心者で少額の取引しかしないうちは、アクティブプランを選択したほうが良いでしょう。

SBI証券の手数料の確認は、こちら のページでご確認下さい。

NISA口座であれば、売買手数料が無料。

SBI証券では、NISA口座での売買手数料は無料です。(つみたてNISAではなく、一般NISA)

またNISA口座での売却益や配当益は、非課税となりますから、ETF投資をこれから始める初心者の方は、NISA口座を同時に開設しておくと良いと思います。

海外上場のETFの自動積立も可能。

他の証券会社でも海外上場のETFや株式を買えるところはありますが、自動積立での投資が可能なのは、SBI証券などに限られます。

本サイトでは、主に国内上場のETFを扱っていきますが、将来的には海外上場のETFを購入したい、あるいは自動積立で投資したいという方は、SBI証券で口座を開設しておくと良いでしょう。

SBI証券は、海外上場のETFの自動積立もできるんだね。

楽天証券の特徴とメリット

楽天証券は、ネット型の証券会社では、口座開設数は200万口座を超えて第2位ですが、同系列の楽天銀行楽天カードと提携し、投資信託の購入や積立が楽天ポイントで行えたりと、独自のサービスを展開しています。私個人も口座を持っています。

ETFに投資をする際のメリットとしては、以下のようなものがあります。

  1. いちにち定額コースであれば、一日10万円までの売買手数料が無料。
  2. NISA口座であれば、売買手数料が無料。
  3. iシェアーズシリーズやMAXISシリーズなど売買手数料が無料のETFがある。

順に説明してみましょう。

いちにち定額コースであれば、一日10万円までの売買手数料が無料。

楽天証券での売買手数料は、一取引(約定)ごとに手数料のかかる 超割コース と一日の取引の総額で手数料が決まる いちにち定額コース があります。

いちにち定額コースあれば、10万円までは手数料が無料ですから、初心者で少額の取引しかしないうちは、 いちにち定額コースを選択したほうが良いでしょう。

楽天証券の手数料の確認は、こちら のページでご確認下さい。

楽天証券もNISA口座であれば、売買手数料が無料。

楽天証券でも、NISA口座での売買手数料は無料です。(つみたてNISAではなく、一般NISA)

NISA口座での売却益や配当益は、所得税や住民税(計約20%)がかかりませんから、初心者のうちは、NISA口座でETF投資を始めると良いでしょう。

楽天証券では、売買手数料無料のETFがある。

楽天証券では、iシェアーズシリーズやMAXISシリーズなど、合計で35銘柄の売買手数料無料のETFがあります。

一日10万円までの取引やNISA口座内での取引は、楽天証券もSBI証券もどちらも手数料無料で投資ができますが、特定口座で10万円を超える取引の場合は手数料がかかります。

そう考えると、取引(約定)金額に関わらず、手数料無料のETFを提供しているのは、投資家にとってはありがたいですね。

特にブラックロックのiシェアーズシリーズは、米国などの海外の指数に投資する際には、必須な銘柄を多く組成しています。

SBI証券でも、期間限定で手数料無料のキャンペーンを行っていますが、楽天証券の場合は、現時点では永年無料です。

楽天証券の手数料無料のETFの銘柄については、こちら のページにてご確認ください。

楽天証券には、売買手数料が無料のETFがあるのね。

SBI証券と楽天証券のデメリット

SBI証券と楽天証券のそれぞれの特徴とメリットを紹介してきましたが、デメリットについても考えてみましょう。

私自身は、どちらの証券会社も使っていますが、どちらの証券口座でも、あまりデメリットを感じた事はありません。

あえて挙げるとすれば、それぞれが行っている独自のサービスが、他方では行われていないという事でしょうか。

楽天証券では、海外上場のETFの自動積立はできませんし、SBI証券では投資信託を楽天ポイントで買えるようなサービスがありません。

最終的には、どちらのサービスを重視するかという事ですね。

ETFの投資におすすめの証券会社は?まとめ

今回は、ETF投資を始める場合のおすすめの証券会社としてSBI証券と楽天証券を紹介してみましたが、いかがだったでしょうか?

おさらいになりますが、将来的に海外上場のETFの自動積立を利用してみたい方は、SBI証券を、
将来的に iシェアーズシリーズやMAXISシリーズなどのETFを一日10万円以上、投資しそうだという方は、楽天証券のほうが良いでしょう。

ちなみに私がこれから投資を始めるとしたら、おそらく楽天証券のほうを選ぶと思いますね。

理由は、ETFだけでなく、つみたてNISAなどの投資信託への投資も同時に行うのであれば、やはり、楽天カード 経由の決済で楽天ポイントが貯まったり、ポイントで投資信託の購入ができる、楽天証券は非常に魅力的です。

また楽天証券と楽天銀行をマネーブリッジで連係させれば、楽天銀行の普通預金の金利が0.1%になりますし、楽天銀行のハッピープログラムにエントリーしておけば、色々な取引ごとにポイントもたまります。

詳しくは、別記事にてご紹介したいと思います。

楽天証券のほうが、色々とお得そうだな。

口座の開設は、無料みたいだしね。

楽天銀行の金利が上がるのもいいわね。

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

ETFの買い方についての紹介記事です↓